人もパソコンも熱中症にご注意

ここ数日、暑い日が続いていますね!!

一昨日の夜、煙草を吸おうと自宅のベランダに出たら…一本吸い終わる前に汗だくになってしまい、吸い切る前に諦めて部屋に戻ったマリオです。

ああ、勘違いの無いように申し上げますが、マリオというのは単なるニックネームで、先祖代々純粋な日本人です。
ただ、私は「マリオ」とか「フセイン」と呼ばれるような「決して人相の良くないヒゲ」です。

そんなこたぁ、どーでもいいんだ。

この暑さ、人間様にも過酷な環境と言えますが、パソコンにとっても過酷な環境です。

パソコンは熱が溜まりすぎると「熱暴走」と呼ばれる現象を起こします。一言で言うと、フリーズして動かなくなったりするわけですから、人間と同じですね。

熱暴走を起こしやすい機器としては、パソコンの他にネットワーク機器や無線機器があげられます。(例えば、無線ルーターなんて熱暴走しやすい機器の代表格です。)

熱暴走を起こしたときの対処方法としては、速やかに電源を切り、冷やす…しかありません。
当然ながら、無理に使い続けたり過熱状態が続くと、本当に壊れてしまいます。人間もパソコンも、我慢大会はほどほどにして、快適な環境で最高のパフォーマンスを出したいですね。

ところで、携帯電話も熱に強い機器ではありません。(そりゃ、中に無線機器と簡易なコンピュータが内蔵されていますからね。)
ところが、携帯ゲームなどに白熱したり、私たちの知らない裏側での処理が携帯に処理的な負荷を与えると、熱に弱い機器のくせに熱を持ちます。

一昨冬、私が使っていた携帯電話が、ある日突然、熱を持つようになりまして、シーズンがシーズンなので「これは懐炉の代わりに丁度良い」なんて言いつつも「明日、修理に出そう」と思っていたら、翌朝には冷たくなっていて、二度と電源が立ち上がることはありませんでした。。。

人間様の熱中症も「冷たくなる前に手当て」することが肝心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です